市川五行歌会

房総文学の発祥の地、市川市で2008年春に発会しました。

第113回「市川五行歌会」(投稿作品集)

投稿歌;(題詠「月」)

題詠一首、自由詠一首の合わせて二首、もしくは題詠か自由詠のどちらか一首。

 

<題詠「月」>

 

綺麗に

見える月の

心まで

綺麗とは

限らない           高原郁子

 

なんて早いの〜

あれよ

 あれよ

あっという間に

もう・・・12月        うみやま 

 

月には

うさぎが住むという

遠き日のかたらい

幼き日のふしぎ

幼き日のとまどい         るい

 

ほぼ皆既月食

しっかり見た

60年後は

絶対いない自分に

安堵する            かずみ

 

眠れぬ夜に出会った

満月が放つ

複十文字の眩い光

その長い尾

貴方にも見せたい       酒井里子

 

壊れかけた地球の

傷痕を

浮彫にして

静かに廻ってゆく

月             佐々木斐都

 

昼下りの月

のごと

ひとたび

時が来れば

あまねく道照らせ       田川宏朗

 

束の間の休日に

ぶれた理性で

ペンを握れば

姑息な歌を

月がそそのかす          彩葉

 

うす〜く

見える

昼の月

私も気持ち

明るくなる         中澤麻祐子

 

日ごとに変化する

反射光

月の満ち欠け

見つめ

遡る時            中澤京華

 

<自由詠>

 

川明りを

頼りに

進む

一匹の

のら猫            高原郁子

 

クリスマス頃に

紅葉するかも・・・

サンタの背景はもみじ?

今までの四季を

これからも下さい。       かずみ

 

手作りカード

私も贈ろう

別れた兄弟

いてくれる友

静かな聖夜に         酒井里子

 

トーフヤの音

ヒコーキの音

皆くるくる降りてくる

この

日溜まりに         佐々木斐都

 

瀬戸内寂聴が逝く

肉と酒と

万年筆の握り方

愛したのは

let it be                                             彩葉

 

ずっと

見ている

空の色

雲の形

私の一部になって      中澤麻祐子

 

森の中

梟の声

響き渡り

夢中で走った

日が巡る           中澤京華

 

※文庫サイズの大活字本、シルバー文庫の出版しゃ「ぺんで舎」で代表を務めている佐々木龍さん、こと漂彦龍さんからいただいた絵葉書の五行歌も併せてご紹介致します。

 

言葉が

まっすぐ

届かないのは

地球のカーブの

せいにしておく         漂彦龍

 

f:id:ichikawa-5gyohka:20211218091514j:plain

<投稿者>

彩葉、うみやま、かずみ、酒井里子、佐々木斐都、高原郁子、

田川宏朗、中澤京華、中澤麻祐子、るい

f:id:ichikawa-5gyohka:20211218092313j:plain

f:id:ichikawa-5gyohka:20211218092343j:plain

 

 

 

 

 

 

 

「市川五行歌会」について

コロナ禍の影響を受け、しばらく休止していた「市川五行歌会」ですが、歌会開催についてはまだ見合わせていますが、今月下旬頃に有志投稿歌でのブログ掲載の見込みが立ちました。また、メンバー及び関係者の方々にはすでに第113回「市川五行歌会」についてのご案内を送付済みです。

第113回「市川五行歌会」について

第113回「市川五行歌会」については新型コロナウイルス(COVID-19)による医療逼迫などの危機的状況の影響を受け、事務局の諸事情も立て込み、状況が落ち着いてくるまで休止することになりました。

尚、第113回のご案内については有志投稿の掲示もしくは歌会開催の見込みが立ちましたら、改めてメンバー及び関係者の方々にご連絡させていただく予定です。

 

新型コロナウイルスによるパンデミックについては、感染予防としてのワクチン接種は進みましたが、変異種デルタ株の感染拡大による油断ならない状況が続いていますので、引き続き感染防止と健康管理に気をつけ、この危機的状況を乗り越えていけますよう、心から願っています。

 

第112回「市川五行歌会」(投稿作品集)

投稿歌;(題詠「色」)

題詠一首、自由詠一首の合わせて二首、もしくは題詠か自由詠のどちらか一首。

 

<題詠「色」>

 

褪せてくすんで沈んだ

こんな世界の片隅から

こんこんと

静かに静かに

色は目覚め始めた           うみやま 

 

萌黄色のそらまめ

塩ゆでし一粒一粒

口にほうり込む

子どもの頃の夕餉は

醤油煮のお多福豆             かずみ

 

映像でもいい

月食よりも

グリーンフラッシュ

みんなで見て

幸せになろう              酒井里子

 

何て明るい

バタの色

朝の食卓に過る

微かな翳をも

ぬりこめる              佐々木斐都

 

雲を流すのは

誰か

緑に音をつくるのは

誰か

夏風                 彩葉

 

鮮やかな虹の色彩

広がる夢の余韻

心に残し

刻々と

溶けていく             中澤京華

 

<自由詠>

 

なんとも

居心地のよい

城なんだと

ひとりの老いた女城主

屈託なく笑う            かずみ

 

園芸の趣味

超えた

オープンガーデン

人々の心に

花が咲く              酒井里子

 

田を一つ

耕して

結び一つ

食べる

幸せ                高原郁子

 

Simpleを

極めれば

骨のかたち

ダイヤモンドシェイプも

かなわぬよ             佐々木斐都

 

笑ってる

まるい瞳の想い出は

勿忘草の花一輪

挿した足音

夢の瞬き              彩葉

 

桔梗の花が

導く

懐かしい場所

道の辺で

遠い記憶を辿る           中澤京華

 

<投稿者>

彩葉、うみやま、かずみ、酒井里子、佐々木斐都、高原郁子、中澤京華

 

f:id:ichikawa-5gyohka:20210613122603j:plain



 

 

 

 

 

 

第111回「市川五行歌会」(投稿作品集)

投稿歌1首(題詠「道」もしくは自由詠)

 

<題詠「道」>

 

道草をして

帰る

子供達に

暖を

もらう                高原郁子

 

神への畏敬の念

辿れば

祖母ありし日

道端の庚申塔

合掌した思い出            酒井里子

 

パラ聖火走者にエントリーして

通勤経路を

徒歩にした二年前

いま消えかける

オリパラの火             田川宏朗

 

何度もあった別れ道

あっちあっちと選んでいても

結局

ここに

なったのかしら            西本祥子

 

道は

願いによって

支えられ

努力と誠意を

結んでいく              中澤京華

 

<自由詠>

 

どんどん弱くなる

冷たい父の手を

にぎりながら

見送ることばは

ただありがとう            うみやま

 

朱金の光波

滲ませ

天空の風にとける

妖月光の

切先                 一歳

 

読み疲れて

挿む

みずいろの栞

連々と続く

日々にも               佐々木斐都

 

風の微熱に

春を読み

ペン先向ける

詠み人知らずの

桜花                  彩葉

 

<投稿者>

一歳、彩葉、うみやま、酒井里子、佐々木斐都、高原郁子、

田川宏朗、中澤京華、西本祥子

f:id:ichikawa-5gyohka:20210313120145j:plain





 

 

第110回「市川五行歌会」(投稿作品集)

投稿歌1首(題詠「結」もしくは自由詠)

 

<題詠「結」>

 

貴方に送った

縁結びのお守り

珊瑚婚も過ぎ

引き出しの奥に

二つ並んでいる            酒井里子

 

結び目を

そっとほどくか

バッサリ切るか

糸を緩める

年齢(とし)となる          かずみ

 

にっこにっこ

笑顔が

ひらひらな

蝶の舞う

結んだリボン            うみやま

 

出かけ際

髪結ぶ

手に

見え隠れする

静かな意志             中澤京華

 

マチュピチュ

アンコールワット

アルベロベッロ

しばらくは

夢の中で結ぶ             西本祥子

 

何があったんだ?

帰り着いた地球は

ウイルスの惑星

六年間の

旅の結末               田川宏朗

 

<自由詠>

 

娘のテスト期間中

勉強せん

お母さんの胃は

ずっと

痛い                 高原郁子

 

ハッブルハッブル

私には私の

持ち場がある

窓を

磨く                 佐々木斐都

 

「自分の子供にならどうするか」

機械化される先進医療の

第一線で

問い続ける

割り切れない数値             彩葉

 

<投稿者>

彩葉、うみやま、かずみ、酒井里子、佐々木斐都、高原郁子、

田川宏朗、中澤京華、西本祥子

f:id:ichikawa-5gyohka:20201212195115j:plain

第110回「市川五行歌会」(投稿作品集)



 

 

 

 

 

 

 

 

第109回「市川五行歌会」(投稿作品集)

投稿歌1首(題詠「涼」もしくは自由詠)

 

<題詠「涼」>

 

ぬけるような青空

スイスイ自転車こいだ

学生くんの白いシャツ

夏虫色にふくらませ

一涼の風となる            うみやま

 

なんともすずしげ

「涼」という字

漢字は思いを

姿で表わす

作った人の感謝を思う          かずみ

 

大地

マグマを懐きながら

地表には

こんなにも涼やかな

露草を                佐々木斐都

 

「望外」

「実力以上の結果」

勝っても慎ましい

藤井聡太

天才は涼しい。             田川宏朗

 

第二の人生

はなむけの贈り物は

涼感乳液

腕に塗って

しばし楽しむ              酒井里子

 

山頂を吹き抜ける

涼やかな風

見渡せば遠く

霞んでいく

緑の樹々                中澤京華

 

<自由詠>

 

閻魔様に

厄介者扱いされて

此の世に

来た可能性も

無きにしもあらず            高原郁子

 

今年も

熱風がめくる

原爆の記憶

涙、幾筋

皺に刻んで                彩葉

 

五行歌集「コラージュ」を上梓した漂彦龍さんから絵葉書の五行歌が届きましたので、ご紹介致します。

 

波間にいっしゅん

キラキラと

浮んで消える

怪魚の鱗のような

歌を                                                                  漂彦龍

 

f:id:ichikawa-5gyohka:20200912175005j:plain

<投稿者>

彩葉、うみやま、かずみ、酒井里子、佐々木斐都、高原郁子、

田川宏朗、中澤京華、漂彦龍

 

f:id:ichikawa-5gyohka:20200912181110j:plain